それは、遥かな未来か、遥かな過去の物語。
舞台は、光ノ民の命<ソール>を犠牲に
光り輝く神都<カイゼルハルド>。
全てを奪われる前に、立ち上がれ。
<ソール>とは、光ノ民がその体から生み出すエネルギー。
主人公たちの敵、神を奉じる神機教会は、光ノ民の<ソール>の
有益性に目をつけ、圧倒的な科学技術で彼らを蹂躙。
エネルギーを得るための家畜として従属下に置いている。
主人公は、光ノ民の開放を目指す抵抗組織
<ソールトリガー>の一員として、
神都を駆け抜けることになる。
神殺しを成就させるために必要とされる<黄金のソール>。
<黄金のソール>の発現のためには、
ヒロインとの契りが必要不可欠。
誰を選び、誰と契るかで、運命は分岐する。
神殺しの物語の行く末を目撃せよ。
お問合わせ
  • イメージエポック
  • お問合わせ
  • JRPGについて
  • コピーライト